【感想】1分で話せ

今日ご紹介するのは伊藤羊一さんの『1分で話せ』という本です。

 

この本は先日表紙を見て思わず買った1冊です(笑)

 

 今まであまり話し方を意識せずに過ごしてきた私には面白い本だと思ったからです。

 

表紙を見て思わず買った理由が帯に書かれていた、

『結論』+『根拠』+『たとえば』で相手の右脳と左脳を動かす

でした。

この本を読めば説明がとても上手くなりそうな気がしませんか?

私はそんな気がしてすぐさまこの本を手に取りレジに向かいました(笑)

 

さて、内容はプレゼンでの話し方を中心にビジネス全般で利用できる話し方を解説してくださっています。

また個人的にはロジックのみでなく、考え方や取り組み方についても書かれているのがありがたかったです。

方法論的な部分だけでなく、最終章では具体的な利用シーンに合わせた改善方法や注意すべき点が書かれているので読んだその日から内容を実践できる素晴らしい本だと思います。

 

社会人の方は今すぐ、まだ就職していない方は就職前に読んでおきたい1冊ですね!