Qtの環境構築

Qt環境構築で少し詰まったので備忘録化します。

と言ってもあまり、使うことはないかもですが・・・

 

まずダウンロードページは↓

download.qt.io

ここからダウンロードすると、バージョンを直感的に指定してダウンロードできます。

 

今回は5.13.0を使いたいので5.13/をクリック

f:id:yamamon1010:20190821014737p:plain

Qt

 

続いて5.13.0を再度クリック

f:id:yamamon1010:20190821014833p:plain

Qt

 

対応するOSを選んでクリック

Windowsなら『qt-opensource-windows-x86-5.13.0.exe』

Macなら『qt-opensource-mac-x64-5.13.0.dmg

Linuxなら『qt-opensource-linux-x64-5.13.0.run』

f:id:yamamon1010:20190821014708p:plain

Qt select OS

Macならpipで入れてもよいと思いますが、今回はインストーラーでのインストール方法を説明します。

 

インストーラーのダウンロードが終わったらインストーラーを起動しましょう!

この後に一つはまりポイントがあります。

(私は後で自分の無知さ加減に死にたくなりました・・・)

f:id:yamamon1010:20190821015814p:plain

component

確か英語表示だとSelect Componentって出てたと思いますが、この画面をそのままスルーしてしまい、QtがVisual Studioで使えないとか、Eclipseで使えないってなりました・・・

 

さて、今回はVisual Studio 2017を例にとりますので、迷わず下の赤枠をチェック!

 

f:id:yamamon1010:20190821020054p:plain

 

あとはそのまま流れに任せてインストールを続けてください。

要はここで自分のIDEなどに合うものを選択すればよいです。

 

余談として、Visual Studio2017上でQtを使う手順を説明します。

 

1.Visual Studio 2017を起動

2.ツールバーのツールから拡張機能と更新プログラムをクリック

3.オンラインタブをクリックし、ウインドウ右上の検索ボックスにQtと入力します。

以下の画像のように結果が表示されたら、ダウンロードをクリック

f:id:yamamon1010:20190821020629p:plain

4.ダウンロードが完了したらVisual Studioの全ウインドウを終了します。

5.Visual Studio 終了後 インストール用のWindowが表示されるのでModifiyを選択してインストール

6.Visual Studio を起動し、ツールバーのQt VS ToolsよりQt Optionsを選択

f:id:yamamon1010:20190821233312p:plain

 Qt OptionsではVisual Studioで使用するQtを設定できます。

Addボタンを押下し、使用するQtのバージョンを指定します。

Version nameは何でもよいと思いますが、わかりやすいように今回であれば『Qt-5.13.0』とするとよいと思います。

PathはQtをインストールしたフォルダ内の対応した『msvc2017_64』があるフォルダを指定します。

例えば、Cドライブ直下にQtをインストールしている場合、以下になります。

『C:\Qt\Qt5.13.0\5.13.0\msvc2017_64』

f:id:yamamon1010:20190821233501p:plain

 

以上となります。

Visual Studio 2017のダウンロード (Visual Studio 過去バージョンのダウンロード)

開発環境を整えるため、Visual Studio 2017をダウンロードしたかったが参考になる外部サイトが見つからなかった(本家サイトが上位に出てるのですが気づきませんでした。。。)ので同じことでつまらないように備忘録として記載します。

 

この方法を使えば Visual Studio の最新版以外を手軽に入手できます。

2017、2015、2010どれでも大丈夫です。

さて、今回はVisual Studio 2017を例に説明します。

 

まず、以下のURLにアクセスします。

docs.microsoft.com

移動したら、community版であれば下記赤枠のアイコンをクリックすればインストーラーのダウンロードが始まります。

f:id:yamamon1010:20190821012903p:plain

Visual Studio 2017 ダウンロード画面

めちゃくちゃ簡単に入手できました。

 

Visual Studio 2017で検索をかけると最新版だったころにトップページからダウンロードした記事しかなく困りました・・・

 

誰かのお役に立てば幸いです。

 

【感想】脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

今日読んだのはこの本です。

 

1日の時間をもっと効率よく使えれば自己学習も捗ると思い購入しました。

 

内容としては効率の高め方、効率を落とさない方法が中心として書かれています。

この本を通して1日の時間を有効利用し、効率よく仕事や趣味、勉強などに取り組めるようになると思います。

 

個人的に良かったのは思考による雑念を取り除く『「書くだけ」雑念消去法』と『制限時間仕事術』でした。

どちらも読めばたしかにそうだなと納得できるのに思いついたことのないことでした。

 

さて、私が実践しようと思うのは以下の6つです

  1. 朝は「脳のゴールデンタイム」を有効活用する
  2. 効率が落ちてくるタイミングでリセットし効率を取り戻す
  3. 「書くだけ」雑念消去法
  4. 「締切厳守仕事術」
  5. 「ケツカッチン仕事術」
  6. 質の高い睡眠を取る

特に2.は意識したことがなかったので実践することでかなり自分自身の作業効率を高めることができると思いました。

できることとしては『外ランチ』、『仮眠』、『軽い運動』でしょうか?

昼休みや仕事の合間にできることなので明日から実践して効率よく仕事を進めようと思います。

【感想】多動力

今日更新Part3です!

最後の一冊はこちら『多動力』です。

ライブドアで有名な堀江貴文さんの著書の1冊です。

 

この本を読んで正直に思ったのが、合う、合わないがかなり分かれるということです。

ただ、合わないからと言って途中で読むのをやめてほしくない1冊です。

 

なぜなら、読了後に真っ先に思い浮かんだ感想が、何でもいいから自分のやりたいことをやってみよう、夢を実現してみようというものだったからです。

 

私は正直ビジネス書を読んでもこういう感想になったことはあまりありませんでした。

しかし、この本は違いました。

読めばすぐに自分のやる気やモチベーションを上げてくれる非常に良い一冊だと思います。

「まずは、一つのことにサルのようにハマれ」や「知らないことは「恥」ではない」「なぜ、デキる人は「質問力」が高いのか」は読んでためになる内容だと思います。

 

ぜひ皆さんも一度読んでみてください。

【感想】頭のいい人は知っている 仕事の裏ルール

今日紹介する本Part2は『頭のいい人は知っている 仕事の裏ルール』です。

 

個人的には全面同意できない本ではありました。

 

会社での評価基準や、ネットニュースのみに頼らない情報収集の大切さ、質問への下準備、課題解決能力よりも課題発見能力の大切さについてはためになりました。

 

自分自身に不足している部分でもありましたし、
課題発見能力についてはこれから身につけている必要を感じました。

 

同期の中で一足先に出世する人が出てくる社会人2年目くらいの方が読めば、考えさせられそうな1冊です。

 

それ以外の方でも、課題発見能力や質問の下準備はすごく役に立つと思うので読んでみてほしいです。

【感想】仕事の基礎力 デキる人が「あたり前」に身につけている!

数日間更新できていなかったので今日はまとめて更新Part1!

 

今日紹介する本はこちら!

『仕事の基礎力 デキる人が「あたり前」に身につけている!」田中耕比古さんの本です。

 

著者はSEからコンサルタントに転職し起業したという経歴の方です。

 

内容としては仕事への取り組み方とやり方が中心だと思います。

私の職場とは作業的に一致しない部分もありましたが、考え方や取り組みは納得できるもばかりでした。

 

仕事のやり方や、スケジュール等の仕事への取り組み方は職種を問わず、新人のうちから身につけるべき必須能力でした。

また、会議の進め方などはSEであってもレビュー等で活用できるのではないでしょうか?

 

マイルストーンでのスケジューリングや仕事をコントロールする(受けた仕事をただこなすだけではない)ことについてはとてもためになります。

 

また今後の人生計画について、50年後から立てるというのは目からうろこでした。

この話を見た後に自分自身で計画を立て直したところ確かに短期間的な目標から長期的な目標を目指した人生計画に変化していることに自分自身驚きました。

 

この本は入社間もない方、社会人で読んでいない方には今すぐにでも読んでもらいたい一冊です。

【感想】1分で話せ

今日ご紹介するのは伊藤羊一さんの『1分で話せ』という本です。

 

この本は先日表紙を見て思わず買った1冊です(笑)

 

 今まであまり話し方を意識せずに過ごしてきた私には面白い本だと思ったからです。

 

表紙を見て思わず買った理由が帯に書かれていた、

『結論』+『根拠』+『たとえば』で相手の右脳と左脳を動かす

でした。

この本を読めば説明がとても上手くなりそうな気がしませんか?

私はそんな気がしてすぐさまこの本を手に取りレジに向かいました(笑)

 

さて、内容はプレゼンでの話し方を中心にビジネス全般で利用できる話し方を解説してくださっています。

また個人的にはロジックのみでなく、考え方や取り組み方についても書かれているのがありがたかったです。

方法論的な部分だけでなく、最終章では具体的な利用シーンに合わせた改善方法や注意すべき点が書かれているので読んだその日から内容を実践できる素晴らしい本だと思います。

 

社会人の方は今すぐ、まだ就職していない方は就職前に読んでおきたい1冊ですね!